note.040 SIDE:G

 銅鐸に挑発を仕掛けたミスティスが前に出ると、先制の右拳が銅鐸から飛んでくる。

「っ! 重った〜……でもまぁ、まだなんとか!」

 腰を大きく落として、踏ん張りながらなんとか耐えた、という感じのミスティスだったけど、ひとまず盾で受けることには成功したみたいだね。
 続く左拳は、左にステップすることで躱していく。

「今のうちに、僕らは足の関節を狙うぞ。耐久値はそこそこあるが、崩せれば普通のゴーレム同様に一時的にダウンを取れる。まずは右足からいこう」
「わかった!」

 ここまでのLvアップで、ようやく無詠唱を達成できたブレイズランスで、言われた通りに右足の岩と宙に浮く銅鐸の合間に薄く光りながら流れる魔力の奔流を狙う。
 オグ君もチャージングを入れてバーストアローを撃ち込んだけど、まぁ、さすがに一発二発でどうこうなるものでもないようで、微塵も揺らいだ様子はない。
 とりあえずは、範囲攻撃とかを警戒しながら、攻撃を集中していこう。

 相変わらずMPはやっぱりキツいから休み休みにはなるけど、無詠唱を達成できたことで、ちょっとの隙でコンスタントに撃っていける単体火力スキルっていう、ブレイズランスの本領を発揮できるようになって、攻撃効率がだいぶ上がった感じがあるね。
 MPが減ってきたらエアロブーメランに切り替えて回復させつつ、積極的にブレイズランスを撃っていく。

「!! 来るぞ、ランダムターゲットだ!」

 オグ君からの警告に、銅鐸本体の動きを見れば、右腕を直角に曲げた状態で、角度を保ったままぐるりと後ろ回しに腕を一回転させたところだった。
 人間の肩関節では不可能な、ゴーレムだからこその動き。
 それはそのまま、通常のゴーレムも中距離でやってくるのと同じ、下からすくい上げるような伸びるパンチになって、僕の方へと向かってきた。
 回避しようとしたけど、結構飛んでくるのが速い!?
 横っ飛びに軌道上から離れようとして、しかし間に合わず、結果的に半端に飛んで足が宙に離れた状態でもろに拳をくらってしまい、後ろの壁まで吹っ飛ばされてしまう。

「っくぁ!?」

 まぁ、身体に感じる衝撃は、ちょっと強めに突き飛ばされたかなぐらいだし、ルクス・ディビーナのおかげでHPにもダメージはなかったけど、バリアは一撃で割られてしまった。
 視界全体に、ガラスが割れたようなエフェクトと効果音が一瞬走る。
 とは言え、HPダメージにはなっていない分、本当にただ飛ばされただけという感じで、すぐに動ける余裕はあるね。
 そして、避けようとして微妙にズレた位置でくらったせいか、腕の延長線上とは微妙にズレた方向に飛ばされたおかげで、伸びた腕の石柱と関節の間に隙間ができていることが見て取れた。
 これ、普通のゴーレムと同じに切断できるのでは?

「《ブレイズランス》!」

 試しに、肘の岩と二の腕を繋ぐ関節に向けてブレイズランスを撃ってみたけど……惜しい!
 寸でのところで腕を引き戻されてしまって、炎の槍は肘の岩に当たって消えるだけになってしまった。

「主よ、祝福を。《ルクス・ディビーナ》」

 ツキナさんがバリアを張りなおしてくれる。

「惜しいな。だが、いい判断だ。普段は石柱で守られているが、伸びている一瞬ならあの腕は普通のゴーレムと変わらない。タイミングはシビアだけどね」
「あ、やっぱそうなんだね。余裕があったらまた狙ってみるよ」

 僕の推測は間違ってなかったみたいだね。

 銅鐸はミスティスへとタゲを戻すと、両腕を大きく振り上げて、両手を組んで、ハンマーのようにミスティスに向けて振り下ろす。

「マイス、攻撃準備だ!」
「うん!」

 オグ君に答えて、ブレイズランスの魔法陣を構築、いつでも撃ち出せるように待機する。

 ミスティスは、ほとんど真上から盾を傘にして受け止めるような感じで振り下ろされた拳を受ける。
 「ゴワァンッ!!」と、重厚な音が響き渡り、その攻撃の重さを物語る。
 ほぼ片膝を突くような体勢に押し込まれながらも、なんとか腕の落下を止めたミスティスは、

「っしゃらああああ〜〜〜〜〜ぁンにゃろぉぉぉぉぉおおおッ!!」

 裂帛の気合いで、立ち上がりながら半ば背伸びをするようにして、拳を完全に押し返してしまう。
 拳を弾かれた銅鐸は、後ろへとバランスを崩しかけて、左手を前に伸ばした格好で数歩後退りながら、なんとか右腕でバランスを取ろうとする。
 だけど、前に突き出されたその左手は、拳を開いた状態で、掌の中央に赤く光る核が丸見えだ。

「ここだ!」
「うん!」

 オグ君がチャージング付きのスナイピングショットを放ち、僕も待機させていたブレイズランスを発動。
 双方とも難なく直撃して、核には少し罅が入ったことで、確実にダメージになっているとわかる。
 なるほど、このタイミングを待ってたんだね。
 つまり、あのハンマー攻撃を前衛役が弾き返すことができれば――

「今のを弾ければ隙ができるってことだね」
「そういうことだ。ミスティス、いけそうか?」
「ケッコーキッツいけど、ウォルフラムシールド(この盾)のおかげでなんとかなりそうだよー。任せてー!」
「了解だ!」

 再びミスティスにタゲを引き受けてもらいつつ、右足への攻撃を集中していく。
 と、銅鐸の頭上に、不意に赤い光が収束していく。
 あ、こいつにはレーザー攻撃あるんだね。
 けど、攻撃パターンはゴーレムトルーパーのそれと変わらないみたいで、ただの縦薙ぎに終わったその攻撃は、元よりミスティスと同じ軸には立っていない僕たちには一切当たらない。
 ただ、曲がりなりにもボスの攻撃として強化はされているのか、トルーパーのものより幾分太いレーザーは、ミスティスのバリアを割るぐらいの威力にはなっているみたいだ。
 まぁ、それも結局すぐにツキナさんが張りなおしてはくれるんだけど。

「ふむ、そろそろいけるか?」

 オグ君がチャージング付きのバーストアローを射かけると、ついに、右足と銅鐸の底面を結んでいた光の帯が一瞬明滅して消える。

「よしっ!」

 右半身を浮かせていた力が消滅して、銅鐸がぐらりと崩れ落ちる。
 右手を突いて、人間で言えば片膝を突いたような格好でなんとか踏み止まった銅鐸だったけど、その左手は、まるでちょっと待ってくれとでも言わんばかりにこちらを向いて開かれていて、攻撃し放題になっていた。

「《ブレイズランス》!!」
「行けっ!」

 ブレイズランスとスナイピングショットが間髪入れずに核を貫く。
 そこへさらなる追撃に――

「てぇああぁぁっ!」

 地上から飛び上がる形でミスティスのピアシングスラストが突き刺さる。
 あれって対空技としても使えるんだねぇ。
 まぁ、単にミスティスのオリジナルアレンジかもしれないけど。

 ともあれ、左手の核はついに砕けて、赤い光の粒を散らしながら甲高く破砕音を響かせる。
 これでまずは一つ、だね。

 核を割られたことで、さらに胴体を後ろへとのけ反らせて、右手を突きなおして支える銅鐸。
 そこでようやく足の接続が復帰したようで、ゆっくりと元通り立ち上がる。

「次は左足を狙おう。核を一つ壊したから、ここから攻撃パターンが増えるぞ。範囲攻撃に注意するんだ。床のひび割れに気を付けろ」
「わかった、ありがとう」

 オグ君のアドバイスに感謝しつつ、次は左足の関節を狙っていく。
 しばらく戦っていると、また銅鐸が右腕を直角に曲げる。
 これはまたランダムパンチが来るね。
 銅鐸がぐるりと右腕を回すと、次のターゲットはツキナさんだったみたいだ。
 高速で伸びる腕がツキナさんへと迫る。
 だけど、彼女はそれを無理に避ける気はなかったようで、

「《セイクリッドクロス》!」

 スキル名が宣言されると、ツキナさんの足元から光の柱が立ち上って彼女を包み込み、光の柱はその頭上で巨大な十字架を作る。

 セイクリッドクロスは、地点指定型のプリーストスキルで、定点防御用の上級聖術だ。
 指定地点に、見ての通りの巨大な光の十字架を召喚して、内部の対象への攻撃を一定回数全て無効化する防御スキル。
 同じダメージ無効化スキルのルクス・ディビーナと違うのは、耐久値が無制限で、どんな大火力攻撃だろうと完全に攻撃回数のみで判定されること。
 さらには、多段ヒットするスキルだったとしても1つのスキルは1回としてカウントしてくれるから、ルクス・ディビーナでは一瞬で破られてしまうような多段ヒットスキルにも強い。
 その上、ダメージの無効化ではなく、内部の対象への当たり判定そのものを消す、という効果になっているので、ノックバックやその他の判定も範囲内にいる限り一切くらわない。
 ただし、欠点は、地点指定で一人分の範囲しかないせいで、回避行動を一切取れないこと。
 そのせいで、唯一弱点として、逆にどんなに弱い当たりでも普通に攻撃1回につき1発と判定されて、連打で一瞬にして回数を削られてしまう、高Agiによる高速の通常攻撃には滅法弱いんだよね。
 その辺り、回避すれば耐久値や回数を消費せず、被弾時には保険にできるAgi型向きのルクス・ディビーナと、避けられなくてもどんな高火力でも一定回数は確実に防ぎきり、手数で攻められても自身の耐久力で耐えられるVit型向きのセイクリッドクロス、という感じの使い分けをされているみたいだね。

 かくして、セイクリッドクロスは期待通りに効果を発揮して、ツキナさんを捉えたはずの銅鐸の拳は、まるで幽霊のようにその身体を突き抜ける。
 となれば、そこには関節を完全に伸ばしきって僕たちに隙を晒した銅鐸の腕があるだけだ。

「今だ!」

 僕のブレイズランスが肘の岩と下腕との接続を、オグ君のスナイピングショットが肩の岩と上腕との接続を、それぞれ撃ち貫いて、銅鐸の右腕は上腕と下腕で分断されて落下する。
 腕が切断されたことで、手首から先の制御も失ったのか、落下した下腕は掌を上に向けて、無防備な核を晒していた。
 攻撃チャンスだね!

「穿て紅蓮、《ブレイズランス》!」

 切断した関節が早くも光り始めていたから、フル詠唱する時間はなさそうだったけど、少しでも火力を上げようと、短縮詠唱を入れたブレイズランスを撃ち込む。
 オグ君も、腕を切断する時に使わなかったチャージングをここでの攻撃に回したみたいだね。
 チャージング付きのスナイピングショットが核を射抜く。

「そやぁ〜〜〜♪」

 と、そこにさらに、ミスティスがピアシングダイブで飛び込む。
 だけど、そこからミスティスが飛び退いて離脱する頃には、腕は制御を回復していて、再び元通り握り拳で銅鐸の右腕に繋がっていた。
 それでもまぁ、今の一瞬だけでかなりのダメージを与えられた手応えはあったね。

 腕が復活して、お返しとばかりに銅鐸がその右腕を大きく振り上げる。

「範囲攻撃!」

 オグ君の警告に、何が起きてもいいように身構える。
 直後、銅鐸の右腕が地面を思いっきり叩き割った。
 打ちつけられた拳は衝撃波を発生させて、地面に蜘蛛の巣状の亀裂を生み出す。
 その攻撃自体は、ミスティスが軽く衝撃波を躱しただけで、被害はなかったんだけど、銅鐸は続けてさらに右腕を振り上げる。
 そして、その腕が今度は平手打ちで同じ場所に振り下ろされると――
 開いた指の延長線上に沿って、直線状の衝撃波が襲ってきた!?
 一瞬、焦りかけた僕だったけど……あれ?いや、この方向なら避けられるね。

「わっとっと!?」

 寸前で左に軽く飛んで、なんとか回避に成功する。
 あー……なんで今、僕のステータスで回避が間に合ったのか、なんとなく理解したぞ?

「わかった、これ、最初の罅割れの時点で、放射状に亀裂が走った方向に衝撃波がくるんだね?」
「正解だ。よく見ていたな」
「罅割れに気を付けろって言われたしね。あれはそういう意味だったんだね」
「そういうことさ。平手の衝撃波は、直前の拳でできる地面の罅割れの形状を見ていれば確定で回避可能になっているんだ」
「OK、わかっちゃえばもう怖くないね」

 銅鐸は、平手の状態のままの右手をゆっくりと肩ぐらいの高さまで持ち上げる。
 なるほど、衝撃波を避けた後はここが攻撃チャンスなんだね。

「《エアロブーメラン》!」

 腕を上げる速度が割とゆっくりめだったのもあって、ブレイズランス一発よりは戻ってくる分も合わせてエアロブーメランを複数回撃ち込んだ方が、合計ダメージは上と判断して、連射していく。
 オグ君も、スナイピングショットを最初に一発撃った後は、ラピッドショットの連射に切り替えていた。

 ギリギリ核を壊しきる前に拳を握られてしまったけど、既に左足にも結構ダメージは蓄積できていたみたいで、僕とオグ君で数発撃ち込んでやると、魔力の接続が断たれて、先ほどとは左右対称に、左手を突きつつ右手を開いて見せた格好でダウンする。
 まぁ、こうなっちゃえばなんてことはないね。
 僕とオグ君の総攻撃で、右手の核も砕かれた銅鐸は、足のアイロン型の岩を避けるようにして後方にその胴体を不時着させつつ、魔力の接続を失って沈黙した。

 これで勝った……のかな?


戻る